車検後に壊れたら?どんな対処をしたら良いのか

車検の後に壊れてしまうのはなぜ

車検後のトラブルとして最も多いのが故障です。点検しているのに故障するのはおかしいと感じ、お店とのトラブル発展してしまいます。なぜ車検したのに壊れてしまうのかですが、それは車検は全てのパーツを見て修理するわけではないからです。車検は車が公道走行するために保安基準に満たしているのかどうかの点検をしています。点検をし満たしていないようなら修理し検査に通りようにしていますが、しかし全てのパーツをチェックしているわけではありません。その為項目外となる部分に関しては故障していたとしても対象外となるため、お願いしなければ修理することはありません。よって車検をした後にすぐに壊れてしまうことがあり、別途に修理が必要となります。

修理費の負担は自分?

車検で点検整備をした後に壊れることがあります。その場合再度修理した時の費用はどちらが負担しなければいけないのかが疑問になるところです。ではどちらが負担しなければいけないのかですが、これは修理の内容と整備記録簿の内容によって異なります。ディーラーや修理工場では24ヵ月点検をしていて整備記録簿が残ります。記録簿に残っている点検整備に当てはまる部分に関しては整備工場の負担となります。しかし故障しているけれども修理を断ったり点検ヶ所以外の部分で故障している場合はお客様負担となります。故障したらまずは車検をしたお店に連絡し、それから記録簿を見ながら相談と交渉をしましょう。

故障トラブルはどうしたら避けられる?

車検後の故障トラブルは避けることが可能です。避けるためにも必要としているのが、定期的に点検整備をしておくことです。日頃点検しているのかそれともしていないのかで今後の展開が大きく違ってきます。点検整備をしていないとオイルが不足することでの故障が避けられますし、消耗品の交換時期の把握や近々故障回避のための交換が必要なのかどうかの把握ができます。メンテナンスがされているのかどうかで故障率が違いますので、トラブル回避のためにも定期的に点検しましょう。

国土交通省が一定期間ごとに保安基準を満たしているか確認する検査を一般に車検と呼びます。対象は自動車と自動二輪車です。ただしミニカー・小型自動車・排気量250CC以下の自動二輪車は対象外です。