人生に少しだけ彩を与えてくれる楽器たち!

どの楽器もできるようになるまではまずは辛抱!

当たり前のことですが、どんな楽器も始めて間もなくはうまくできませんし、思ったような音がでません。しかし、ここでもう少し辛抱して練習し続けると必ずうまくなります。おそらく皆さん辛抱する時間の長さは様々なだと思いますが、きっと辛抱した先には、うまく演奏できたり思った音が出ます。始めからうまくできる人はいないでしょうし、トップミュージシャンも自伝なんかを読むとできなかったと話していることが多いです。むしろ人よりもできなかった人の方がたくさん練習し、トップまで上りつめている方が多いです。

楽器ができると気持ちが豊かになる!

どんな楽器でも少し演奏ができるようになると、成長を感じて、好んで練習するようになります。実際、この領域まで達すれば自ずと上達し、ある程度楽器を楽しめるでしょう。おそらく、楽器が演奏できる人はお分かりかと思いますが、楽器を演奏しているときは頭や演奏する指先等に神経を集中し、入っている音に気持ち良くなります。これが、楽器を演奏できる人の特権だと思います。日常生活の中で、普段の行動にプラスして音楽を奏でることで気持ちが豊かになります。

楽器はただ演奏するだけでなく仲間も作る!

楽器は一人で演奏するものもあるが基本的には、同じ楽器で違うパートを演奏したり、違う楽器と一緒に違う音色を奏でます。そうなると、必ず仲間が必要になります。普段はそんなに積極的に交友関係を持たない人でも、楽器がきっかけで声をかけに行ったりします。これは、楽器がもたらす付加価値だと思います。きっと共通の趣味だとか演奏のこだわりだとか会話が弾むのは間違いないでしょう。きっとこんな作用も人生に彩を与えてくれるでしょう。

子供が喜ぶ身近にある材料で作れる楽器には、ストローで作る笛やペットボトルで作るマラカスなどがあります。